プロフィール

義父さんから引き継いだ畑と 義母さんの介護を綴ってます。 何事も本通りにいかないんですよね~!

はなこ

Author:はなこ
野菜作り8年目、介護7年目、
いろいろな人に助けられて勉強してます。
今年は果物作りに奮闘したいと思ってます!


カレンダー

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

最新記事


カテゴリ


最新コメント


最新トラックバック


まとめ
DATE: CATEGORY:ほうれん草
天気予報によると明日、明後日に強い寒波がきていて
近畿にも雪が積もる予報・・・。

雪が欲しい人には申しわけないけれど
やはり最低限で収まって欲しいというのが本音です。


毎朝の霜でお野菜が甘くなっていきます。

毎朝お漬物を頂きますが
本当に美味しい!
それに大根おろしの甘いこと。


2901121.jpg


青首大根の青い所も甘いけれど
紅芯大根は本当に甘いです。
見た目はちょっと驚きの色ですが、美味い♪


第二弾のほうれん草も大きく生長してきました。

2901122.jpg


この時期のは特に美味しい。

私が一番好きなとこは・・・・


2901123.jpg


根っこの赤いとこ♪

しっかり土を洗い流さないとジャリジャリしますが
ここは最高に美味しくって

兎も角、白菜もだけど芯が美味しいですね。


まだまだこの美味しさを味わい続けます

スポンサーサイト
DATE: CATEGORY:ほうれん草
昨日も暑かったぁー

畑も雨が降らずこれだけカンカン照りだと
またまた水遣りが大変

早生玉ねぎの軸が折れはじめたので
来週ごろに収穫します。

先日テレビで玉ねぎの番組をしてましたが
新玉はスライスして今まで水にさらしてましたが
これは勿体ない食べ方らしいです。
スライスして空気にさらして、辛みだけ飛ばして甘み成分を逃がさない方法です。
切って置くだけ!?
と思い早速試してみました。
瑞々しさは半減してますが、辛みはなく甘みが感じられてすっごく美味しかったです。

ほうれん草もようやく出揃ってきました。

サラダあかりという赤い軸の生食用です。


2704272.jpg


少しでも雨が降らないかな~


DATE: CATEGORY:ほうれん草
大型連休も終わりになりましたね。
連休中にいろいろとまとめて片づけようと頑張りました。

夏野菜の90%は植え終わりました。

が、植え終えてもまだ追加や成長中の世話とか
収穫とか、まだまだすること沢山あるじゃん!!


ほうれん草

13456.jpg

寒冷紗で覆ってたので農薬もせず育ってます。

込み合ってきたので間引きしました。

13444.jpg

お浸しにして頂きました。
柔らかく味が濃く美味しかったです。


早生玉ねぎも収穫して玉吊りしました。

絹さや、スナップエンドウも毎日収穫~!

早生のさやえんどうも膨らんできてもうすぐ豆ごはんが食べれそうです。


連休中のこの暑さにダウンしそう

一降り欲しいですね・・・・。


おまけ:

いつもこの時期きゅうりやナスが出来るまで
酸くなる沢庵(古い)でお漬物を作ります。
ひと手間かかりますが、パリパリで美味しくご飯がすすみます。
これもある意味でエコですね。

13666.jpg

DATE: CATEGORY:ほうれん草
桜が綺麗に咲いてますが、
ゆっくり外出が出来ないので車内からス~と見るだけです。

桜吹雪も綺麗ですが、咲きはじめのほんのり薄ピンク色が
何とも言えないほど綺麗ですね

早いもので、もう四月。

稲を作る準備に取り掛かります。
畑もこれから夏野菜の植え付けピークに入り
気持ちがちょっとお疲れ気味なんですけど

先月初旬に撒いたほうれん草がなんとか芽を出しました。

hou.jpg

いつも思うんですが、
こうやって無事芽を吹きだしてくれたら嬉しく感じます。

アスパラもやっと頭を見せ始めました。

asu.jpg

こういうのを見ると、春の訪れを再確認しちゃいますね。

でも雑草もたくましく育ってきてますが・・・


DATE: CATEGORY:ほうれん草
ほうれん草は夏場に植えたら悲惨な状況に・・・

一年中まけるけど育てるのは大変だと実感しました。

虫よけに菊菜の横に植えたんだけど

2011101114120000.jpg

これが今は・・・・

2011101114110001.jpg


だいぶ成長しました。
まだ食べるには幼すぎるのでもう少し辛抱です、ハイ。

我が家ではほうれん草と菊菜(春菊)を一緒に茹でてお浸しにします。
ほうれん草のあくが菊菜を入れることでやんわりして風味も増すからです。

青物は霜に当てると益々甘く美味しくなります。
この子たちも厳しさと戦って鍛えてるんですねぇ

copyright © 2017 野菜作りと介護を天秤に!  all rights reserved.Powered by FC2ブログ